メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム
メタボリックシンドローム
の危険性
メタボリック・シンドローム
の症状
メタボリック・シンドローム
の診断法
メタボリック・シンドローム
の原因
メタボリック・シンドローム
の曲がり角「30代」
子どもも注意!
メタボリック・シンドローム
メタボリック予防 食生活
メタボリック予防
運動・スポーツ
ストレスとメタボリック
体脂肪率30%⇒3%に!ダイエットコンサルタント小幡 聡が教える、体脂肪だけ減らす【☆☆☆☆☆(五ツ星)ダイエット】「3ヶ月間メールサポート付き」



リンク集




















メタボリックシンドローム

体脂肪率30%⇒3%に!ダイエットコンサルタント小幡 聡が教える、体脂肪だけ減らす【☆☆☆☆☆(五ツ星)ダイエット】「3ヶ月間メールサポート付き」
一時期、「メタボ!」「メタボ!」と、
流行語のように話題になったメタボリックシンドローム。
実際は、そのユニークな響きとは違って、
危険性を含んだ症状のひとつです。

若い世代の人には、
それほど馴染みのないことかと思われますので、
このサイトではメタボリックシンドローム
(内臓脂肪症候群)について詳しく、
わかりやすく説明していきたいと思います。

○メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の誕生
メタボリックシンドロームという名称は、
1999年にWHOにより提唱されました。
その提唱を受けて、
日本では2005年に独自に診断基準が設けられました。
比較的、最近のニュースですので、
覚えている人を多いかと思います。



そして、2008年4月 から、
40歳以上の人に向けて、
生活習慣病の予防を推進するための
施策として「特定健診」がスタートしました。
会社に勤めている方などには、
健康診断に取り組まれましたので、
身近な健診になっているかと思います。



○メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の基準

それでは具体的に、どのような状態ですと、
メタボリックシンドロームと
診断されるのかを見てみたいと思います。

まず第一段階としまして、
立った姿勢で軽く息を吐き、
おへその高さで水平に計った時に

腹囲(おへその高さ)が
男性 85cm以上 女性 90cm以上

であること。

そして、第二段階としまして
以下の1〜3の項目に2つ以上当てはまること。

1.脂質
・中性脂肪 150mg/dl以上
・HDLコレステロール 40 mg/dl以上
→少なくとも片方に当てはまる

2.血圧
・収縮期血圧 130mmHg以上 
・拡張期血圧 85 mmHg以上 
→少なくとも片方に当てはまる

3.血糖
・空腹時血糖 110mg/dl以上

上記2つ条件に当てはまってしまうと、
メタボリックシンドロームと診断されます。
響きとはちがって、
危険性のある症状ですので、
気になる方は健診に行くことをオススメします。